全額返金キャンペーンを徹底解剖!!

年間50万円以上つぎこんだ家電、雑貨、サプリなどの全額返金キャンペーンの紹介と楽天ポイント、ANAマイル獲得の裏技について徹底解剖

全額返金キャンペーンの返送方法について徹底解剖するよ!!

全額返金キャンペーンの返送方法について

 

さーて7月も2万円近くポイント貯まってハッピーでした!!

 

よく問い合わせを受ける、最新2017年の全額返金キャンペーンの返品方法のパターンをまとめてみました。

 

始めてキャンペーン利用する方はチェックしてみてください。

 

よく注意事項を読まないと損する場合もあるため、全額返金キャンペーンを利用するには下準備が必要です。

 

パターン① 送料かかる場合&全額返金

最もよくあるパターンです。

 

送料は自己負担のため、返品した場合の送料を想定しておかないといけません。

 

ここで重要なことは

 

きちんと梱包しないとダメかどうか!!です。

 

  • シャンプーなどの液体系=できる限り使い切って、折り畳む(つぶす) 定形外で発送
  • 家電系=できるだけコンパクトに入れ直す

 

仕組みをよく注意事項で確認して、必要であれば問い合わせをしましょう。

 

サイズ90がサイズ60になるだけで200円くらい違いますからね。

 

家電系はそもそも梱包が複雑なので元通りにする事自体難しい…

 

そこまで厳密に梱包し直すことは求められていないですが、箱を破棄してもっと小さな箱に入れてもいいのであればラッキーです。

 

後は期間ギリギリまで使うだけ!!

 

もし普段もメルカリなどでよく発送される方は、エコ配の法人向けサービス(個人でも40回分の発送するようなら登録可能)がお得だと思います。

 

 

 

パターン② 送料かからない場合&全額返金

 

最高のパターンです。 

 

「ありがてぇ… ありがてぇ…」

 

メーカーのマーケティング担当の方に感謝しながら、使いまくりましょう。

 

  • 返送費用が浮くので、楽天などEコマースで購入するなど幅が広がる。
  • 気軽に試せる!!
  • 気軽に返せる!!

 

からくりとしてはメーカーがプロモーションの一環で全ての費用を負担してくれています。 

 

返送費用まで負担してくれるなんてありがたや!!

 

即購入、即ポチ。

 

こういうメーカーに対しては返送するときの意見もびっしり書いてあげます。

 

500円くらいの商材で返送費用自己負担だと…なんだそりゃっ!!??

 

って気になりますからね。 

 

 

パターン③ 送料かかる場合&ポイント分を除いて返金

 

最悪のパターンです。 

 

家電系のメーカーがたまにぶっ込んできます。

 

「自腹で返してね!! あ、楽天ポイントの分は差し引いて返金しておくから!!」

 

って事。

 

さらにメーカー直営の直販ストアや正規代理店のみで購入限定!!!

なんてしばりが入るとさらにやる気なくなっていきます…

 

いやぁそりゃわかるけどさ…

 

それは悪手っすよ… 

 

2ちゃんねるなどでもこの手のキャンペーンは様子見になる事が多い案件です。

 

今だったらダイソンのドライヤーとかですかね。 

 

使ってみたいけど… 

 

購入のハードルは下がらないですね。 

 

こういったキャンペーンは自分の心とよく相談してみてください。

 

 

というわけで、返送方法のまとめでした!! 

返送方法まできちんと把握しておけば、どれだけお得になるか分かりやすいですよね!!

 

楽しくお得にお買い物してポイント貯めていきましょ〜

 

 

※最後に…

 

Twitterやってますのでフォローよろしくです!! 

 

2017年現在実施中の最新の全額返金キャンペーンについお知らせしています!!

 

がっつり調べてるんでどこよりも情報あると思いますよ。

 

twitter.com

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする